中学受験は親子で挑む共同作業

私が小学生の頃は中学受験をする子供は珍しく、受験する事など知らずに当たり前のように地域の中学校に通っていました。しかし今はどこのお子さんも中学受験を目指し塾に通わせている親御さんが多く、子供自身もお友達と一緒に塾に通いたいと言っています。

親の立場として子供は勉強も大事ですが、遊びで学ぶ人とのコミュニケーションや思いやりや気持ちの余裕も大事と考え、あまり受験のプレッシャーを与えずに伸び伸びと育って欲しいと考えていました。しかし子供自身が勉学に興味を抱き受験に挑もうとしているならば、その望みを断ってはいけないと思いました。ただ気まぐれに言っているのか、本気で望んでいるのか、夫婦と子供と良く話し合う事が大事です。

そして塾選びも、形態が様々あります。集団学習でも自分で勉学に励む事ができる性格ならば、一般の塾でもやっていけると思いますが、集中力が途切れやすかったり人見知りをしてしまうならば、個人塾や家庭教師が良いかなと思います。塾選びは子供の性格と相性もあるので、親が把握して探してあげると良いかもしれません。

普段の生活でも勉強や受験がプレッシャーにならないように、息抜きもしてあげると子供のやる気につながるので家庭でのフォローも大事です。また中学受験前の体調管理やインフルエンザの予防接種も必須です。